外壁塗装の塗料の選び方

MENU

外壁塗装の塗料の選び方とは?

外壁塗装に使われる塗料の種類

 

外壁塗装 塗料 選び方

 

外壁塗装に使われる塗料にはいくつか種類があります。どれがいいのかは素人には分かりづらいですね。
塗料のだいたいの特徴と耐久年数、費用のことなどを知っていれば選びやすいと思います。

 

1:アクリル系塗料…比較的安価ではありますが、耐久性は5〜8年と短め。プラモデルの塗装にも使われる。

 

2:ウレタン系塗料…伸縮性が求められる木などの塗装に使われます。耐久性はアクリル系よりはやや長い7〜10年です。 

 

3:シリコン系塗料…外壁塗装の塗料と言えばシリコン系が一番多く使われています。耐久性が10〜15年とやや長いうえに色も豊富、コストパフォーマンスが良いので使いやすい塗料です。希釈液の種類いよって水性と油性があります。

 

4:ラジカル塗料…比較的新しい塗料ですが、人気急上昇の塗料です。紫外線により発生するラジカルが外壁を傷めますが、この塗料はラジカルの発生を抑える効果があるのです。
耐久性が15〜17年とかなり長いのでオススメですが、新しい塗料なのでまだ扱っていない塗装業者もあるかもしれません。  

 

5:フッ素系塗料…耐久性は15〜20年とかなり優秀ですが、やはりコストがかかります。頻繁に塗装できないビルなどの塗装にオススメ。

 

 

6:光触媒塗料…日光と雨の働きによって外壁自身が自分で掃除をしてくれるというセルフクリーン機能が人気の塗料です。耐久性も15〜20年ありますが、費用は高めであります。

 

このように外壁塗装の塗料はいくつかありますが、費用と耐久性のバランスを考えながら選びましょう。
どれがいいのかわからない場合はシリコン系塗料かラジカル塗料がオススメです。